健康家族 伝統にんにく卵黄 サプリメント

にんにくの摂り方

【注意点】
にんにくの成分は刺激が非常に強いことから、消化器系が弱い、腎炎、心臓病のある人は食べすぎないようにしましょう。

眼、咽喉、口、舌に病気のある人、便秘の人も食べ過ぎは不可。ニンニクの殺菌力の強さから有益な菌まで殺菌してしまい、病状を悪化させてしまうそうですよ。
健康な方でも、生のニンニクを食べ過ぎると、貧血、視力低下、胃腸に変調をきたすことがあります。

酒の肴としてにんにくの醤油漬け、味噌漬け、酢漬けなどがありますが、アリシンその他のにんにく成分が胃壁を刺激してアルコールの吸収を早めるためお酒の周りが早くなるようです。また、醤油や味噌漬けを食べ過ぎると塩分の取り過ぎにもつながりますので注意しましょう。

幼児や妊娠中や授乳中の方はたくさん摂ることを控えたほうが良いでしょう。

空腹時に単独で食べないこと、またハチミツと同時に食べないことも昔からのタブーだそうですよ。

【目安と対策】
摂取量としては、生の場合は1日1片(10g前後)、加熱したものでも1日1〜2片くらいが目安だといわれています。酒や酢に漬けたにんにくなら、多くて一日3〜4片程度です。

量を多くとり過ぎないようにするためには「薬味」として、すりおろしたものを小利用他の食品と一緒に摂取すると良いです。

にんにくによる口臭はかなりキツイので、人と会うときは控えたいものです。ニオイ対策としては牛乳がよく知られています。ホットミルクをゆっくり少しずつ飲むのが効果的です。また、ピーナッツや胡桃といっしょに摂ると臭い消しになるそうです。

量やニオイを気にせず摂取するには、「サプリメント」の利用がお勧めです。にんにく、黒にんにく、にんにく卵黄等のサプリメントが、粉末・液体カプセル・錠剤と様々なかたちで販売されているので、ライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。


<健康家族の伝統にんにく卵黄 公式サイトはこちら>

にんにくサプリメントなら健康家族の「伝統にんにく卵黄」メニュー