健康家族 伝統にんにく卵黄 サプリメント

にんにくと卵黄の効用

伝統にんにく卵黄は、文字どおり「にんにく」と「卵黄」を合体したサプリメントです。もともとは南九州で生まれた手づくりの保存食で、にんにくも卵黄も共に世界中で定番の栄養価の高い万能食品として有名です。
そんなにんにくと卵黄のコラボは、健康効用をさらに高めてくれます

先ず、
にんにくの効用・・・成分の「アリシン」「アホエン」や「スコルジニン」などがビタミンB1の活性化やビタミンEの同様の働きなどをして、健康への効用は数しれないほどたくさんあります。

主な効用には、
新陳代謝を活発にして、血行促進   
抗菌・消炎・殺菌・抗原虫作用、コレステロール値降下、動脈硬化予防作用
抗癌・抗腫瘤作用  
しびれや冷えの改善効果や、アンチエイジング、美肌づくり
ホルモン調整 

卵黄の効用・・・卵黄の特徴的な栄養成分はレシチンです。レシチンが酸化したり不足すると細胞の老化の原因となるので、新しいレシチンを常に補給する必要があります。

レシチンは、
コレステロールや脂肪を排出し、中性脂肪の蓄積を防ぎ、高コレステロール症や肥満の防止、成人病の予防に役立ちます。
神経に入ると、脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンの増加に効果的に働きます。それにより、高齢化によって引き起こされるアルツハイマー型痴呆症、老人性痴呆の予防になります。
卵をたくさん食べても、コレステロール値には影響がないといいます。レシチンの作用により、血管内の悪玉コレステロールを排出してくれるからです。 卵黄のレシチンは他の食品よりも吸収率が良いので、アンチエイジングや成人病予防なります。 
美肌にいいとされるビタミンEが多く、アンチエイジングに効果的です。

 また、タンパク質やカルシウム、鉄分など、ビタミンCを以外のほぼ全ての栄養素が含まれている万能食品です。

にんにく卵黄のコラボ効用

にんにく卵黄の長所は、「卵黄」と「にんにく」それぞれの栄養を、一度に摂取できる手軽さにあります。

さらには、

卵黄の豊富なタンパク質は、にんにくのアリシンのにおいを抑える働きをします。

卵黄は、ビタミンB1が豊富で、ニンニクのアリシンと結合すると、アリチアミンという成分になり、糖質の代謝促進、疲労回復を早める働き、免疫力の強化、滋養強壮、脳の働きの活性化などの効果を発揮します。

卵黄に含まれる「中性脂肪」がにんにくの「アリシン」と結合し、ビタミンEと同等の効能を有する「脂質アリシン」に変化します。 この「脂質アリシン」が、同じく卵黄に含まれる「レシチン」の働きをいっそう活性化させ、悪玉コレステロールの分解を促します。


<健康家族の伝統にんにく卵黄 公式サイトはこちら>

にんにくサプリメントなら健康家族の「伝統にんにく卵黄」メニュー